ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える前に跳べ!

目指せウンコブログマスター!

ツイッターを始めましたという話。

遅れ馳せながら、ツイッターにハマりつつあります。

 

 

 

俺がブログに書く程のネタじゃないと判断した物に関しましては、今後はツイッターにドシドシ投稿していこうと思います。

 

 

 

たまにくだらない事をつぶやいておりますので、良かったら“バブルス”で登録しているので検索してみてくださいね〜!

 

 

 

 

 

 f:id:kks1081:20170427173832j:image

 

 

 

コイツにだけはなんか負けてはいけない気がするので、ぜひフォロー宜しくお願いします。

 

 

 

 

似顔絵を描いてみたという話。


最近、いつの間にか記事タイトルの流れに定着しつつある「〇〇したという話。」、これが俺の中で大変めんどくさくなってきています。

 

 

 

この「〇〇したという話。」の「〇〇」の部分、決まって俺は本文を書いた後にタイトルを決めているのですが、コレが人知れず俺の中ではお題のような状態になってきており、地味に俺の頭を悩ましてくるファックな存在です。

 

 

 

 

と言うのも「〇〇したという話。」で書かなくてはいけないというのに、記事の中では大して何もしていないので、“書いた内容からタイトルに出来るポイントを見付ける”という余計な作業がストレスでしかない事に気付き、いち早く自然なタイミングを見つけてこの呪縛から逃れたいと思っています。

 

 

 

どうも、バブルスです。

 

 

 

 

さて。今回の記事は似顔絵を描いてみたという話という事で、普段の記事の倍以上の作成時間を当記事に要しました。

 

 

普段なんもしてないブログなだけあって、ただ絵を描いただけなのにビックリするぐらいの満足感です、地球に落ちてくる巨大なキンタマから人類を救ったくらいの満足感はあると思います。訳分からんわ!

 

 

 

さて、今回は制作途中の写真も幾つか撮りながら描いていきましたので、せっかくなのでそちらの様子も記事に載せていこうと思います。

 

 

 

 

f:id:kks1081:20170425170040j:image

 

 

先ずはイラストの心臓部と言っても過言では無い、顔面のスケッチから取り掛かりました。

 

 

 

これでもかとばかりに目が死んでいます、全てを失った者の濁りきった目をしています。

 

 

これはきっと描いている人間が本人だからこそ許されているのであって、もしコレが誰かに描かれた似顔絵だとしたら、ソイツの胸元目掛けて鉛筆を突き刺してやりたいと思いました。

 

 

 

 

f:id:kks1081:20170425170723j:image

 

 

次は体の作成に取り掛かりましょう、関節を含む体という部位は、慣れない方にとっては自然に描く事が大変難しいものです。

 

 

かくいう俺も、描いてる途中に巨乳の露出狂に襲われてみたいという願望が出てきてしまい、自分の思った通りに体を描く事が出来なかった程です。関節、関係ねーじゃん。

 

 

 

f:id:kks1081:20170425171724j:image

 

 

夜道でこんなのには出会いたくはないものですが、何はともあれ大体のスケッチがコレにて終了しました、しかしココからが似顔絵の本番です。

 

 

 

恐らく「スケッチ」が終わったら次は何をしますかと聞かれたら、普通は「ペン入れ」とか普通の事を答えるところなのでしょうが、俺の場合の答えはノーです、このブログに置ける正解の行程は「魔法を唱える」です。

 

 

 

 

f:id:kks1081:20170425191320j:image

 

ポワンポワンポワワワ〜〜ン!!

 

 

 

 

 

 

 f:id:kks1081:20170425192052p:image

 

なんだコレ。という訳で、今回の似顔絵を描いてみたという記事は、とんでもない茶番というオチを迎えると共に終了となります。

 

 

 

 

f:id:kks1081:20170425192435j:image

 

 

 

意味はありません、おやすみなさい。

 

 

バトンをしてみたという話。



f:id:kks1081:20170424040658j:image

アプリ「株価」

 

 

 

iPhoneって予め沢山のアプリが備え付けられた状態で手元に届きますけど、このアプリだけはスマホを開く度「コレ必要?」と思わされます。



 

f:id:kks1081:20170424040759j:image

 

 

 

株価に影響を受ける人間の需要率は分かりませんが、そうじゃない側からしてみれば示している意味が分からないだけではなく、ただ「明日の予定はありません。」とか言われるだけのアプリです。大きなお世話じゃ。

 

 

 

どうも、バブルスです。

 

 

 

 さて。これは最近になって気付いた事なのですが、俺はマジで女性にモテません。

 

 

 

 

 

f:id:kks1081:20170424040622j:image

 

モテません。

 

 

 

 そこで、今日はバトン形式に好きな女性のタイプを書き殴らさせていただき(実際に拾ってきた)、この場を借りて該当される女性からの連絡を待とうと思います。

 

 

 

 

 

Q1、好きな女性のファッションは?

 

 

 

A、私服がダサい。

 

 

 

最早ファッションスタイルという枠では語り尽くせません、これは先ず第一に制服ありきの回答となります。

 

 

 

つい先程まで白衣に身を包んでいた保健室のマドンナ先生が、急にジャージ姿で教室に飛び込んで来た時のようなあの感じですよ、または先程までドレスに身を纏っていたキャバ嬢が、ジャージ姿でアフターに現れた時のようなあの感じです。

 

 

 

ってソレたまらんな、オイ!!

 

 

 

 

Q2、好きな女性の仕草は?

 

 

 

A、徐ろにケツをかき始める。

 

 

 

それも血が出る程掻き毟る感じが最高ですね、さながらケツに眠る秘宝を追い求めるトレジャーハンターの如くボリボリ掻き毟ってきて欲しい。

 

 

 

Q3、好きな女性に望む得意料理は?

 

 

 

A、おかゆ。

 

 

 

一人暮らしの俺が思う、意外と簡単そうなのに作るとなると面倒臭い料理ランキング部門第2位が“おかゆ”です(因みに1位は漬物)。

 

 

 

Q4、好きな女性の下着の色、そして形は?

 

 

 

A、ベースは白をモチーフとしたXバックを採用とし、その中央に金色で「キッコーマン」と書いてあるブラジャーとパンティーを通常とは逆の状態で着けていくスタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、もう面倒臭くなってふざけだしたよね、と

 

 

 

いや、本当はQ10ぐらいまでは書いたのですが、この次のQぐらいからは完全に大喜利モードになりまして、だったら最初から大喜利バトンをやれよ!って話ですので、考えてみたらバトンとか無理なんですよね。もう寝ます。

 

 

 

次やるとしたらboketeでやります、やるかは知りませんけど。

 

部屋がヤバいという話。

あー、そうだね?そうだよね、と。

 

 

 

f:id:kks1081:20170422035452j:image

 

コレは流石にヤバいよね、いよいよアレしないとヤバい部屋だよね?

 

 

 

ヤバいです、俺みたいな凡人には「いや先ず掃除しろ?」の一言しか出てきませんが、見る人が見たら抽象的な芸術作品にも見えなくはないのでは?とさえ思えてくる辺りがヤバいです、率直にタイトルを付けるなら「いや先ず掃除しろ?」です。

 

 

 

そう思い立ってから早3時間が経過しました、いやいや全くもって進んでないし。というか、いよいよもってブログの更新を始めているのですから死ねばいいと思います。

 

 

 

どうも、バブルスです。

 

 

 

でも多分なんですけど、みんな現実こんなもんですよ?残念ながらアナタの大好きなアイドルだって多分こんな部屋に住んでますよ、ぷよぷよ上級者がプレイしているゲーム画面みたいに、ビールの空き缶とかテーブルに積み上がってますからね?

 

 

 

 

 

 

いいかい?

 

 

 

ホラ、耳を澄ませて聞いてごらん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アイドルのウンコも俺のウンコも、全く同じ臭いがするんだよ?」

 

 

 

どうも、バブルスです。

 

 

 

はい。という訳で、せめて手近なところから取り掛かろうと思い立ち、取り掛かったテーブル上の小物入れの中から懐かしい物を見つけました。

 

 

 

 

f:id:kks1081:20170422043306j:image

 

コレは俺が現在の職場に提出する予定だった証明写真です、その履歴書提出前日ですよ?

 

起きたら遊びに来た友人にモジャモジャにされてました。ふざけんな。

 

 

 

この一枚以外の証明写真は既にロクでもない使い方で使い切っておりましたものでして、まるで知らない人ん家の※猛犬注意※みたいなシールの上に勝手に貼り付けて帰ったりしていた行為が仇となりました。

 

 

 

さて、この石油が掘り出てきそうな国の指名手配者みたいな証明写真に、逆に俺側が合わせに行こうかと頑張りましたが、当然半日でこれだけモジャモジャになれる訳もなく、寧ろモジャモジャになれたところでマイナス要素しか生まれねぇよ!という訳で、慌てて証明写真を再度撮りに行った事を覚えています。

 

 

 

f:id:kks1081:20170422043306j:image

 

バブルス(当時)「でも面接に受かって良かったじゃないか、お前はやれば出来る子なんだって!過去の俺も現在のお前を応援しているよd(^_^o)」

 

 

 

あん?なんだお前は、この被写体が自分とは言えど本当に憎らしい程に腹立つ顔してますね、本当やかましいわ。やかましいわ本当。

 

 

 

と言う訳で今から部屋の掃除をしようと思います、マジ面倒臭ぇえええーっ!!

美味しいラーメン屋のご紹介という話。

職場の関係者と焼肉を食べた際、美味いラーメン屋を見つけたから今度バブルス君も一緒に行ってみない?というお誘いを受けました。

 

 

 

それは楽しみですね、ぜひ行きましょう!なんて言いながらも、よくもまぁ腹一杯食った後にこんな脂っこい話をしようと思ったなと。

 

 

流石にタイミングってあるじゃない?

 

 

 

よく“晴れの日に傘は売れない”なんて言葉が引き合いに出されますが、まさにこの状況ってソレの事なんだなと思いました。

 

 

自分の好きな物を誰かと共有したいという気持ちは物凄く分かるんです、故にソレをオススメするタイミングは絶対に空腹時だろうと、というか何故焼肉屋に来た?だったら先ずソコに連れて行けよと思わざるを得ませんでした。

 

 

 

どうも、バブルスです。

 

 

 

しかしラーメンって最高ですよね、男性の方は特に好きなんじゃない?

 

 

かく言う俺も多分リアルに1日の1/4ぐらいはラーメンの事を考えて生きてるんじゃないかと思います、昼飯に食べるラーメン屋の選択だったり、その日の体調で決まる麺の量だったり。

そんな事ばかり考えている俺はもう生まれ変わったらラーメンになったらいいと思います、寧ろその人生を美人OLさんの胃袋の中で消化されながら全うしたい。

 

 

 

f:id:kks1081:20170420051204j:image

 

さて。今日はその方にオススメしていただきました、東京は自由ヶ丘に構えるラーメン屋に足を運びました。

 

 

 

所謂“行列の出来るラーメン店”という訳ではないのですが、俺は何かを待っている瞬間が嫌な人間なので、それこそ風呂上がりに全裸で家を練り歩く母親を見てしまった時ぐらい嫌な瞬間なので、美味いか不味いかはさて置きソレはソレで俺としては好都合な条件に位置してきたりします。

 

 

 

f:id:kks1081:20170420052547j:image

 

俺はオーソドックスに正油ラーメン(大盛り)を注文しました、ここに限らず大盛りが注文可能なお店では常に必ず大盛りを頼んでしまいます。

 

大食漢という訳ではなく寧ろ小食なタイプの人間なのですが、生まれ育った実家の冷蔵庫の中というのが、いつもマーガリンぐらいしか食べられそうな物が入ってなかったという苦い過去が関係しているのか、食べられる時に食べ込んでおくという野生のサルやリスのようなスタイルで生きています。

 

 

 

f:id:kks1081:20170420054047j:image

 

完食しました。

 

率直な感想は東京でこれ程アッサリしたラーメンが食べられるとは思いませんでした、これならマーライオンの如くゲロを吐きまくった酒の席の締めにでも食べられるのではないかと思います、寧ろこれだけアッサリしていたらコレ食ったその日のウンコだって意外とサラサラ食えてしまうかもしれませんね。

 

 

 

別にグルメブログではないので気の利いたコメントは書けませんが、隣に座っていた二十代半ばの女性がパシャパシャとラーメンの写真を撮っていたのが印象的でした。

 

 

 

その光景は有名店だからこそ垣間見える瞬間だったのかもしれません、気になる方は是非自由ヶ丘のラーメン屋で検索してくださいませ、オススメです!

覚悟を決めた人間の怖さという話。

今日は寝ないで仕事に行くから飲みに行くぞ!という仕事熱心なKさん、もとい致命的に自己管理の出来ないKさんに付き合わされ、たった今まで俺は居酒屋に行っておりました。

 

 

 

当初の約束であった1時間だけというルールは有耶無耶に流され、気づけば3時間も居酒屋に常駐させられるハメとなり今に至ります。

 

 

 

覚悟を決めたKさんの酒をかっ喰らう姿はまるでスター状態のマリオと言ったところです、差し詰め俺はドクロのアイコンを踏んでしまったボンバーマンです。

 

 

 

別れ際にKさんは「遅刻したらバブルスのせいだk⊿♀⇒%〃□〜(笑)お前その時は覚えとk£∈⊿□★♬$〜(笑)」と、呂律の回っていない口調で捨て台詞を吐いてやがりました、さながら悲劇のヒロインでも気取っているのでしょうが、お前が連れ回している目の前の俺も今日は早出だって話したろうがバカっ!!

 

 

 

覚悟を決めた人間程おそろしい者は無いなと再確認させられました、果たして俺は明日遅刻しないで出勤出来るのかナゾです。Kさんはアホです。ありゃ絶対夕方まで寝てしまうパターンです、ザマみやがれ!

 

 

 

という訳で、文面通り明日は早いのでそろそろ寝ます、短めで申し訳ありません、おやすみなさい。

財布を新調したという話。

部屋で睡眠していたところを、空き巣の集団に襲われるという悪夢で目を覚ましました。

 

 

 

空き巣集団「ヒャッハ〜ッ!恐怖の空き巣集団の参上じゃ〜い!この部屋に金持ちは居ねぇが〜!?」

 

 

 

部屋のドアを蹴破る轟音と共に、各々ナイフやチェーンを持った空き巣集団が部屋に進入してきました。

 

住人が居る事を前提に攻め込んでくる空き巣集団には、そんなオープンな感じで来るもんだっけ?と疑問を抱きましたが、取り敢えず常識が通じる相手でない事は確かです。

 

 

 

その数、ざっと見ても50〜60人はくだりませんでした。

 

その空き巣集団が俺が俺がと言わんばかりに、このクソ狭いワンルームに犇めき合うように進入してきたのだから俺も心中穏やかではいられません。

 

 

 

俺「あんまり騒いだら管理人に追い出されちゃうよ〜!!」

 

 

 

空き巣集団が「怖がるとこソコかよっ!!」と、まるで若手お笑い芸人のように全員でツッコんだところで、俺は恐怖のあまり目を覚ましました。

 

 

 

漸く冷静さを取り戻した俺が、コレが全て夢だったという事に気付いた頃、外からは街の安全を促すパトロールカーから「ただいま空き巣が頻発しております、みなさん戸締りにはご注意ください」という放送が聞こえてきました。

 

 

 

いや、絶対お前の仕業だろと。

 

お前のソレが俺の脳に働きかけて、お前その結果がコレ、何なんだお前は本当!どこ中だコノヤローと、悪夢に加えまして大変ご気分の悪い目覚めと相成りました。

 

 

 

どうも、バブルスです。

 

 

 

お金の話と言えば、今日は俺の長年使用している財布について少し話そうと思います。

 

 

 

俺という人間はよく財布を失くす困ったヤツでして、この前もまたご期待に漏れず失くした訳なんですが、運良く財布は無事に碑文谷警察署の方に届けられておりました。

 

 

 

と言うか、失くしても失くしても不思議な事にこの財布は手元に帰ってくるんですよ、長年連れ添った愛犬が逃げ出したってこんなに帰ってくるとは思えませんし、ブーメラン名人の投げるブーメランでさえこんなに手元に帰ってくるとは思えません。

 

 

 

中身は毎回ないですけどね。

 

 

 

そこで最近気付いたんですけど、なんかこの財布を身に付けているおかげでお金が減っているというか、端的に言えばこの財布は呪われているのではないか?と思い始めてきました。

 

 

 

財布を失くす→財布は届くも中身はない→財布を失くす→財布は届くも中身はない→財布を失くすって、もう何らかの魔のスパイラルに陥っている気がして仕方がありません。

 

 

 

という訳で、新しく財布を購入しました。

 

 

 

この記事を機に落とさないよう努力に励みますが、もし拾った方が居りましたら中身を抜くことなく碑文谷警察署の方に届けてくださいませ。