ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

考える前に跳べ!

目指せウンコブログマスター!

1日の終わりと始まりについて。

仕事の都合上、夜中に帰宅をする毎日をおくっている。


草木も寝てると比喩されるこの丑三つ時に、まだ幾つかの部屋の窓からはカーテン越しに照明が漏れているのが目に取れる。


どこの誰かも分からない者に対し、筆者が不思議な仲間意識を抱く瞬間である。


夜中にこの様な考察に耽る人間が部屋の外に立っている、さぞ住人側からすれば恐ろしい事この上ないであろう。





怖すぎる。


部屋の住人の心象を画像に現す事で、その恐怖をより分かりやすくしてみたが怖すぎるの一言に尽きる。


まるでゾンビ系ホラーゲームの販促ポスターそのものである、そして恐らくこのゾンビはこの数分後には貴方の部屋のドアを蹴破りにやってくるであろう。


そして「オ前モ…俺ノ…仲間ナノカ?」この一言によって、噛み付かれる事によってパンデミックされるタイプのゾンビである事が予想される。


その後繰り広げられる壮絶な銃撃戦の末に、俺はゾンビとしての一生に幕を閉ざす事となる、恐らく最後の一言は「俺ニモ…家族ガ…居ルンダゾ…」といったような、急に理性を取り戻すパターンがしっくりとくるのだがというか何だこの話。


話を戻すが、そこにはきっと彼達なりのドラマが隠されているのだと筆者は考察する。


さて。俺の退社後の過ごし方とは、極めて平凡であり、非生産的であり、とても生を感じられる立派な時間ではないという意味では俺も宛らゾンビといったところであろうか。


午前7時を回る頃と同時に、革靴またはハイヒールの乾いた音を立てながら慌てる様に同アパートの住人達が出社していく。


片や俺はまだビールを片手にブログを執筆している、ゆったりとした時間を揺蕩っているその水面下では、まるで働き蟻のように人や街はもう動き始めている。


この時間の優越感が糧となり、今日も一日俺も頑張ろうと鼓舞させていただいている。