ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

考える前に跳べ!

目指せウンコブログマスター!

多分、匂いフェチであるという話。

本日、にほんブログ村に登録してみました。

 

 

登録までの手順工程が思っていたよりも多く、その疲れにより今日はまともなネタが思い浮かびません。

 

 

そこで今日は、自分のフェチシズムについて簡単に話していこうと思います。

 

 

その事を前提とした上で、先ずは俺がよく言う口癖パターンを幾つか紹介します。

 

 

・「たとえると金持ちの家の玄関の匂い。」

 

 

・「今日どこかの家カレーじゃない?絶対カレーだって。」

 

 

・「その服お前ん家の臭い染み付きすぎ、一瞬お前ん家にワープしたのかと思った。」

 

 

・「俺の部屋ってそんな生臭い?え?マジ?築地?」

 

 

等等。

 

 

どの局面で使用しているかはさて置き、匂いにまつわる内容が多い事から察するに、俺は匂いに興味が深い人間だと思います。

 

 

そんな事から、今日は俺の好きな匂いを幾つか紹介します。

 

 

その1、ホコリ。

 

 

f:id:kks1081:20170322041327j:image

 

 

まさかのホコリが一発目から登場した事により、「おいおい、一体この後どうなるんだよ。」という人は置いといて話を続ける。

 

 

望ましくは特に年代物のホコリを嗅いでみていただきたい、芳醇な香りに加えどこか懐かしい匂いがする。

 

 

その2、赤ちゃん。

 

 

f:id:kks1081:20170322042024j:image

 

 

先程のホコリは何だったのか?夢だったのではないか?という、一瞬この記事に何が起きているのか分からなくなるかもしれないが、赤ちゃんは良い匂いがする。

 

 

肉ばかり食べている人間は体臭がキツくなるらしい、よって人体のメカニズム的に考えても、無機質な物ばかりを摂取している赤ちゃんは良い匂いがする。

 

 

ただし予期せぬお漏らしには注意が必要である、急に鼻腔を爆破されるケースも念頭に入れておかなければならない。

 

 

その3、ミヤマクワガタ

 

 

f:id:kks1081:20170322043143j:image

 

 

深山(ミヤマ)に生息されるクワガタなだけあって、その匂いの奥行には深い物がある。

 

 

ただし刺激しすぎると御自慢のハサミで鼻ごともがれる事があるので注意、「綺麗な薔薇には棘がある」赤ちゃん同様、良い匂いを嗅ぐには危険が付き物と言える。

 

 

その4、灯油。

 

 

f:id:kks1081:20170322043811j:image

 

 

いまだに灯油式ストーブを使用しているケチな家族を持つ方には馴染み深いだろう、筆者もその一人である。

 

 

火を見ると安心するという人類の進化の名残かは知らないが、灯油の匂いに筆者はロマンを感じる。

 

 

その5、床屋。

 

 

f:id:kks1081:20170322044519j:image

 

 

床屋でしか嗅いだ事がない整髪料の匂い+おじさんの匂いが見事にマッチ、まるで昭和にタイムスリップしたかの様な空間が嗅覚を通じて演出される。

散髪したてのおじさんでも可。

 

 

その6、歯を磨いて寝るのを忘れて寝てしまった翌日、奥歯に挟まってる前日に食べたシーチキンか何か。

 

 

f:id:kks1081:20170322045857j:image

 ※画像はシーチキン。

 

 

長ぇ。というかきったねぇ。

 

 

しかし大体臭い物は美味いのが世の常、あの爪楊枝で取り除いた時のモワンッ!と仄かに漂ってくる感じがクセになる。

 

 

他にも、「木工用ボンド」、「炊き立てのご飯」、「札束(実際に嗅いだ事はない)」等等が挙げられます。

 

 

より奇抜な好きな匂いがあればコメント欄にて教えてください、こんな感じで今日の記事を終わらさせていただきます。